あなたの大切なメール、セキュリティは万全ですか?
第三者による「なりすまし」や「改ざん」、「盗聴(盗み見)」といった危険なリスクの対応策に個人用電子証明書サービスが最適です。

安全なインターネット社会のインフラ構築に

 いまやビジネスや日常生活に欠かせない情報インフラとなっているインターネット。これらは「なりすまし」「改ざん」「盗聴」といった様々なリスクのあるネットワークとなっています。そのため、インターネットにおけるセキュリティ対策は、年々重要な位置づけとなっており、電子証明書の利用はその対策として効果的なソリューションとして認識されています。

個人用電子証明書サービスとは

 ご利用のメールアドレスに対して、シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン)が提供する電子証明書を用いて、メールの暗号化・ユーザ認証・電子署名が可能となるサービスです。

 豊富な実績を誇るシマンテックの電子認証局から発行される個人用電子証明書は、個人からSOHO、企業に至るまで幅広く採用されており、また、お客様の利用環境やセキュリティ要求に合わせてご利用いただけます。

電子署名メール

 S/MIME対応の電子メールソフトと組み合わせてご利用いただくことにより、特定の相手に対し本人証明書付の「電子署名」や「暗号化」メールでのやりとりができます。証明書機能を使用することにより、メール送信中の改ざんに対して警告を発したり、なりすまし等のリスクに対処できます。

メールの暗号化

 送信するメールを暗号化します。メールの暗号化により、メール送信中の盗聴や改ざんを防止します。「電子署名メール」「メールの暗号化」どちらの機能もS/MIME対応の電子メールソフトと組み合わせによりご利用いただけます。

「電子署名メール」や「メール暗号化」は、以下のようなインターネット上の危険性を防ぐ事ができます。

デジタル署名が有効な危険性

【改ざん】
  文書が第三者により、送信者の意図しない内容に改変、削除されること。
【なりすまし】
  第三者が他人の名前をかたって、その人のふりをすること。

メールの暗号化が有効な危険性

【盗聴】
  悪意のある第三者が文書を盗み見ること。

料金について

 ライセンスシート発行料金(1メールアドレス):2,600円(1年間・税込)
 通信販売法に基づく表示≫

お申込み方法

 お申込みは以下の【注文書】を開き、印刷後、必要事項を記入の上、FAXにて承っております。
●FAX:03-3880-6415
・【注文書】(こちらクリックすると別窓でPDFファイルが開きます)
  ※このファイルを表示するには、Adobe Systems社のAdobe Readerが必要です。
Get Adobe Reader

対応OS Windows7/Vista/XP(SP2)/2000(SP4)
対応ブラウザ Internet Explorer 5.01 (SP4)~ 9.0
Netscape Communicator4.7 ~ 7.1
対応電子メールソフト Windowsメール
Windows Live メール 2011
Microsoft Outlook Express 5.x~6.0
Microsoft Outlook 2000/2002/2003/2007/2010/2013
Outlook Express 6
Netscape Messenger 4.7~4.78
Thunderbird 1.5/3.0
Becky! Ver2

※お使いのPC環境によっては電子証明書をお使いになれない場合がございます。
上記以外のPC環境で導入をお考えの場合には弊社までご相談ください。

お問合せ

シマンテック個人用電子証明書Class1Certificateに関するお問い合わせを随時受け付けております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

ご相談内容を承り、メールにてご回答させていただきます。
ご相談内容によってはお電話させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メールフォームからお問い合わせ
●E-mail:comnet@comp.co.jp
●受付時間:随時

お電話でのお問い合わせ

お電話にてご相談内容を承ります。
●TEL:03-3880-6411
 受付時間:平日9:00-17:30(祝日/年末年始は除きます)
●FAX:03-3880-6415